牛頭VAPERのザレゴト

はじめまして。ミノタウルスと申します。
主にVAPEについて、その他ニッチな趣味などについて思ったことを徒然なるままに綴ります
「あ、アホがなんか言うとるわ」くらいの感じで読んでもらえるとありがたいです

各ショップ・メーカーの方々へ
レビュー依頼等ありましたら下のアドレスまでご連絡ください。
vape.minotaur@gmail.com

お手頃な26650 Mod!老舗と変態のコラボ!Vapor Flask Stout レビュー!

最近朝晩冷え込んで、もう毛布と結婚しちまおうかってくらいベッドを愛している牛頭、ミノタウルスです。
いや、変な意味じゃなく、ね?みんなベッド好きだよね?
え?ベッドじゃなく布団だって?


......知らんよそんなん


まあそんな寒い日は部屋の中ですら動くのが億劫になるものです。
特にストーブの前とか、余計に動きたくない時にVAPEがバッテリー切れになろうもんなら......


僕は基本的に0.5Ω以上を組まないので、どうしても18650でチェーンしてると2〜3時間も経たないうちにバッテリーが切れちゃいます...
そんな時に欲しくなるのが容量の多い26650!


外観

というわけで僕の初めての26650 Mod、Vapor Flask(VF) Stout!!

使い込んでる上に、ステッカーチューンしてるので汚くて恐縮です...
箱も保管してあるはずなんですけど、クローゼットの中漁るのは面倒なので本体のみでレビューしますw
では細かいところを見ていきましょう


傷ついとるなあ...
コンタクトは恐らくブラス、スプリング式です
ちなみに22mmでツライチです。


液晶は屋外じゃ見えにくいかな...
実際外じゃワッテージの確認とか困るくらいに視認しづらいです。
画面の構成はシンプルで好きなんだけどなあ...
ボタンは「コクッ」って感じに小気味良いクリック感です。
ただし、UP・DOWNは吸ってるうちに意図せず触ってしまいがちなのでUP・DOWN同時長押しでロックしておくことをオススメします。


ボトム。またもや傷だらけww
ベンチレーションはなんかいっぱい穴空いてて安心ね。
ちなみに見て分かる通り、デザインを老舗のVF、製造を変態のWISMECが行なっています。
おかげでお高いVFもStoutなら国内で15kも出せば購入可能です。


そして...


バッテリーはこんな感じで収まります。
実際スッゲー便利なのこれ。カシャって。簡単なの。好き。
26650はもちろん、付属のスリーブを使用して18650を使うこともできます。


ちなみに26650では最大100Wですが、18650では75...80...?
とにかく最大Wが低くなりますww


ついで言うとトップ側がポジティブです。

機能

Stoutには、標準的なVWの他に
・Bypass (擬似メカニカル)
・TC (Ni、Ti、SS)
・TCR(M1~M3)
が標準装備となってます。(4クリック+UP・DOWNで変更)


せっかくTCついてるんでコットンバーンテスト行ってみましょー


コットンバーンテスト

今回は(めんどくさいので)Niのみで。

ずれとんな...

Ni200 / 26G / 12巻 / 0.18Ωです。

0.2狙ってたんだけど...まあいいか

全てプリヒート(3クリックで変更可)は20W、10secでカットが入るまでパフボタン押しっぱにしました。


結果どーん。

200℃までは変化なく、最大出力の315℃では焦げましたね。

まあ300℃なんて紙も発火するので焦げて当たり前と言うか。

煙量と味のバランスが最もいいのは215℃くらいかなーと勝手に思ってたりします。


しかし、どの温度域でもプロテクトはかかっていて、制御はそこらのModよりは効いてるんじゃないかと。


26650でパワフルかつ機能充実でスタミナ抜群のVF Stout。
コタツのお供にいかが?


次の記事もお楽しみに〜( ^ω^ )


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。